2007年02月19日

Web2.0=西海岸 vs Web1.0=東海岸 ?

シリコンバレー出張に来て、標題のことに気づきました。
こちらの人々にとっては当然かもしれません。

ヨーロッパのCERNで生まれたWeb0.1 を、MIT関係者(背後には米国政府がいます)、慶応大学が素早く気づいて、元のCERNに加えてMIT、Keioにもってきて、Webの標準をW3C中心に構築してきたのは偉大な作業でした。

1998年のXMLの誕生がその頂点だったのかもしれません。
そのインパクトたるや、地球に大隕石が衝突したようなもので、あの辛口のがートナーGが、「向こう1000年はもつ規格」と太鼓判を押したほどです。

しかし、昨今では、Webの父、Sir Tim Berners Lee と同じファーストネームをもつTim O'Reilly氏の方が有名です。2005年の暮れには、Tim Berners Lee も、"Web3.0 - Bi-directional Web"というW3C Advisory Committeeメンバー向け講演で、Web2.0を意識し、一定の敬意を払いました。しかし、その後、実態がない!と攻撃する側に回っています。

そして、ここシリコンバレー中心に、「もうW3Cなんて要らないのでは?」という発言が出始めています。これは、標記のように、Webプラットフォームを進化させ、もり立てる主導権を東海岸エスタブリッシュメントから奪ってしまおう、という動きなのかもしれない。これがWeb2.0の正体なのかもしれない。

MIT, Harvard, GIT他、東海岸には天才を輩出した凄い大学があり、ドイツでも、IT分野でMITの博士号をもてばドイツのどこの大学からも30歳台で教授職のオファーが来る、とさえ言われています。しかし、昨日キャンパスに行ってみましたが、UC Berkelyも、Stanford も超超一流の大学です。技術創造を促進するコミュニティ、人脈の広さ、深さも凄まじいものがあります。

W3Cが骨抜きになりかねない動き、ととらえたとき、大文字Semantic Webと、小文字semantic webのどちらが勝つか(高者からみれば前者は後者の特殊形だから、どちらであっても自分は勝ちとなるところがアンフェアです!)など、要注目の論争、技術開発競争があります。

さて、シリコンバレー派に宗旨替えしたけれど、W3Cには深くコミットしている者としてどうしたら良いか。真剣に考え始めたところです。

(C)(C)メタデータ株式会社  文責:野村直之
posted by Web2.0 at 16:57| Comment(18) | TrackBack(16) | 日記